ヤミ金被害の相談は対応している専門家へ!

通常、弁護士や司法書士は対応していないことが多いヤミ金問題。
返済ができない、すでに多額の支払いしている、悪質な取り立てに悩んでいる、など家族や知人に相談できないヤミ金トラブルはエストリーガルオフィスへ!
相談無料・全国対応

⇒エストリーガルオフィス 公式サイト
今すぐ相談したい場合は→ 0120-566-276(通話無料)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレカを使った買取屋はヤミ金!Wローンに注意!

『買取屋』とは、通常のリサイクルショップや質屋などとはまったく別物です。
クレジットカードのショッピング枠を利用して正規商品を購入させ、それを安値で現金引取りをすることで、相手に現金を融資するタイプの悪徳業者です。

主なクレジットカードはキャッシングの上限が20万円と設定されているので、それを超える金額はキャッシングを受けることができません。ところがショッピング融資の上限は50万円だったりするので、たとえキャッシングの枠が一杯でもショッピングなら枠に余裕があるため利用が可能になります。

実は買取屋と呼ばれる悪徳業者は、この差額を利用した手口を使います。

クレジットカードで高価な商品や転売しやすい商品などをショッピング枠で購入させ、買取屋がその商品を定価の3、4割ぐらいの値段で買取るのです。判りやすく説明すると、新品のノートパソコンをショッピング枠でクレジットカードを利用して30万円で買ったとします。それを現金10万円で未開封のまま引き取り、下取り業者やネットオークションなどで売りさばいて転売利益を得るのです。

未開封で保証もついていますし、商品自体は正規のお店で購入した正規品なので当然高く売れます。

確かにあなたの手元に10万円の現金が残りますが、同時にパソコンを購入したショッピング枠30万円の借金が残ることを忘れてはいけません。また、その返済が滞れば金融事故として信用情報機関に登録されてしまうでしょう。
また、最初から商品を換金目的で購入しているところから、カード利用違反などでクレジット会社から詐欺罪で訴えられる可能性もでてきます。

そうなってしまうと、キャッシング枠等のローン残高を全て一括返済しなければいけなくなり、自分で自分の首をしめる結果になりかねません。換金目的の商品を業者に発送する前であればクーリングオフなどで購入をキャンセルすることが出来るので、業者に送らず返品するようにしてください。

関連記事

テーマ : ヤミ金・悪徳金融の手口
ジャンル : ファイナンス

カテゴリ
ヤミ金被害の相談ができるプロ
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

エストリーガルオフィス

ヤミ金解決のジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金被害相談ならクレアティオ法律事務所

クレアティオ法律事務所

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活

2745位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他

494位
アクセスランキングを見る>>
リンク
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。